日本の伝統的な素材『和紙』を活かしたおしゃれでモダンなふすま紙 『京唐紙』で、お好みのインテリアスタイルをお作りいただける様、お手伝いを致します。

K-027 右離れ立ち葵(みぎはなれたちあおい)

右離れ立ち葵とは

立ち葵(たちあおい)は、三つ葉葵と同様にウマノスズクサ科の双葉葵を図案化したものです。
こちらの紋は「二葉葵」の右にひとつの葉があることから、このように呼ばれています。

葵は京都賀茂神社の例祭「葵祭」で、神事に用いられたことから、信仰的意義をあらわす象徴となっています。

現在は、長野県の善光寺の紋として用いられています。

配置図

028 右離れ立ち葵 鳥の
<紋の直径 195mm>
紙色、摺り色の組み合わせは自由です。
027右離れ立ち葵
配置の変更も承ります。お気軽にご相談下さい。

版木

027-右離れ立ち葵

【制作日】2013.10.17 【材 質】朴

紋唐紙一覧に戻る

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社 山崎商店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.