日本の伝統的な素材『和紙』を活かしたおしゃれでモダンなふすま紙 『京唐紙』で、お好みのインテリアスタイルをお作りいただける様、お手伝いを致します。

K-038 亀甲に剣花菱(きっこうにけんはなびし)

亀甲に剣花菱とは

亀甲紋は、長寿などめでたい象徴とされた亀の甲羅を文様化したものです。

日本では、飛鳥時代にすでにその意匠がみられ、平安時代には衣服や調度品に亀甲模様をつけることが流行しました。

亀甲に剣花菱は、出雲大社の神紋で知られていますが、これは出雲が北方の地と理解され、北方を表す玄武にちなむからだともいわれています。

配置図

紋 亀甲に剣花菱
<紋の直径 195mm>
紙色、摺り色の組み合わせは自由です。
紋 亀甲に剣花菱 襖
配置の変更も承ります。お気軽にご相談下さい。

版木

亀甲に花剣菱

【制作日】2014.01.17 【材 質】朴

紋唐紙一覧に戻る

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社 山崎商店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.