日本の伝統的な素材『和紙』を活かしたおしゃれでモダンなふすま紙 『京唐紙』で、お好みのインテリアスタイルをお作りいただける様、お手伝いを致します。

K-049 竹に2羽飛び雀

菊枝丸

越後の虎、上杉謙信の家紋で通称「上杉笹」と呼ばれています。軍神と称された謙信の生涯いは戦の繰り返しで、特に武田信玄と五度に及んだ「川中島の戦い」は今も語られています。
この丸の中に九枚の笹の葉を隠すように二羽の雀が描かれた意匠は、江戸時代に完成したもので謙信の時代に用いた物は、節を持つ竹輪で雀も小さく描かれ現在とは若干異なった様です。

配置図

K-049 竹に2羽飛び雀
<紋の幅 195mm>
紙色、摺り色の組み合わせは自由です。
K-049 竹に2羽飛び雀
配置の変更も承ります。お気軽にご相談下さい。

版木

K-049 竹に2羽飛び雀

【制作日】H26/9/24 【材 質】朴

紋唐紙一覧に戻る

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社 山崎商店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.