日本の伝統的な素材『和紙』を活かしたおしゃれでモダンなふすま紙 『京唐紙』で、お好みのインテリアスタイルをお作りいただける様、お手伝いを致します。

K-051 蛇の目紋(加藤清正)

K-051 蛇の目紋(加藤清正)

この単純明快な家紋は単なる模様ではなく呪符(災難を退け幸いをもたらすとされるお守り)として用いられました。意匠的に「蛇の目」を紋にした事からこう呼ばれています。
熊本城を建てた築城の名人、加藤清正の紋として有名です。清正は尾張国(愛知県)の刀鍛冶、加藤清忠と妻・伊都との間に生まれます。秀吉の生母である大政所と母・伊都が従姉妹であった事から幼少の頃から福島正則等と共に秀吉に仕えました。

配置図

K-047 菊枝丸
<紋の幅 195mm>
紙色、摺り色の組み合わせは自由です。
K-047 菊枝丸
配置の変更も承ります。お気軽にご相談下さい。

版木

K-047 菊枝丸

【制作日】H26/10/9 【材 質】朴

紋唐紙一覧に戻る

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社 山崎商店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.