日本の伝統的な素材『和紙』を活かしたおしゃれでモダンなふすま紙 『京唐紙』で、お好みのインテリアスタイルをお作りいただける様、お手伝いを致します。

K-071 抱き花杏葉

K-071 抱き花杏葉

杏葉とは、古代インドや中国で馬や牛、象などの乗り物とする動物につける装具の飾りでした。
その形はやがて胴丸という軽武装用の鎧の肩当てに用いられ、鎌倉時代後半になると、大鎧でも胸部を保護する栴檀(せんだん)の板、鳩尾(きゅうび)の板に替わって付けられました。
鎌倉時代~戦国時代にかけて、九州の豊後国(大分県)を本拠とした大友氏の家紋として有名です。

配置図

K-071 抱き花杏葉
<紋の幅 185mm>
紙色、摺り色の組み合わせは自由です。
K-071 抱き花杏葉
配置の変更も承ります。お気軽にご相談下さい。

版木

K-071 抱き花杏葉

【制作日】H26/12/6 【材 質】朴

紋唐紙一覧に戻る

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社 山崎商店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.