商品詳細

分銅つなぎ   Y-1048

もどる
分銅は、宝尽し紋様のひとつで、かつて両替商が金銀銅の目方を量るために使ったおもりの形です。
昔は、金銀そのもので分銅を作っていたこともあり、分銅自体が財宝と考えられました。
円の左右を弓形にくびれさせた形で、それを崩してつないだ紋様です。

紙と摺りの色は組み合わせ自由です

レイアウト
 寸 法 価    格
襖 版  ¥11,500/枚(税別)
 丈長・広幅も加工いたします。 お問い合わせ下さい。