商品詳細

千家大桐    Y-1060

もどる
茶道、千家好み柄。

中国の伝説では、鳳凰は王の出現を祝福する鳥で、桐の木に住むとされました。 故に日本での桐紋は皇室ゆかりの人々のみに使用されていました。 やがて公家や武家も使用するようになり、様々に形を変えて用いられました。
長い時を通じて、桐紋は人々の憧れでした。




 寸 法 価    格
襖 版  ¥11,500/枚(税別)
 丈長・広幅も加工いたします。 お問い合わせ下さい。