商品詳細

宝七宝    Y-1066

もどる
七宝は、古くは「輪違い」と呼ばれていました。 四方に同じ大きさの輪が重なり合った円満に満ち足りるという意味の型です。
それに「宝尽し」をちりばめると「宝七宝」になります。
打出の小槌、鍵、宝珠、分銅、宝巻、方勝、隠笠等が見られます。


紙と摺りの色は組み合わせ自由です

レイアウト
 寸 法 価    格
襖 版  ¥11,500/枚(税別)
 丈長・広幅も加工いたします。 お問い合わせ下さい。