商品詳細

向こうむき兎    Y-1072

もどる
中国では、月には兎が住み、不老不死の薬を搗いているとされ、日本に伝わりお餅を搗くようになりました。 
十五夜の望月(もちづき)からの転化と、日本人には餅の方がなじみだったのでしょう。
「月に兎」は定番中の定番で、この向うむき兎も丸みをおび、月を連想させます。


紙と摺りの色は組み合わせ自由です

レイアウト
 寸 法 価    格
襖 版  ¥11,500/枚(税別)
 丈長・広幅も加工いたします。 お問い合わせ下さい。