商品詳細

銀箔紋に丁字唐草    Y-1085

もどる
唐草紋様は、無限に発展し続ける永遠の生命を表しています。
一見複雑な構成ですが、決まったパターンのくり返しで、人類の歴史と想い重ねることが出来ます。
丁子は5~6世紀ごろには日本に紹介されていました。 正倉院の宝物の中にも、当時輸入された丁子があります。


紙と摺りの色は組み合わせ自由です

レイアウト
 寸 法 価    格
襖 版  ¥27,000/枚(税別)