京唐紙で、お好みのインテリアスタイルをお手伝いを致します。

株式会社山崎商店

お気軽にお問い合わせください。

TEL 075-451-8223

受付時間 9:00~18:00(日・祝日除く)

襖ができるまで 第三回

からかみのことを皆様に知っていただきたいとの思いから

唐紙とは切り離すことはできない「襖」が出来るまでを紹介しております。

 

3回目の今回は「蓑張り(みのばり)」です。

 

蓑張りは胴張りの後に、薄美濃紙などで “蓑状” に紙を貼ることをいいます。(写真①~②参照)

糊を四方の框のところにつけ、骨格の幅に切って継いだ紙を、三枚重或いは四枚重になるように段々に貼っていきます。

通常は三枚重ねです。

 

 

写真①

写真②

 

 

御所の襖は八枚重ねだといいます。民間のものでも丁寧にしたてた昔のものには

八枚重ねのものも見受けるとのことです。

蓑は、両端が張りつくだけでもいいですが(上下の框の部分も)、中にはさっと中央

に一刷毛糊を引く人もあります。

蓑張りの時の紙はさほど上等でなくてもよいといわれ、昔のものには古手紙などが多く

蓑張りに用いてあるそうです。

※骨縛り・蓑張りの紙は予め継いでおきます。

 

以上が蓑張りです。

次回に続きます。またどうぞよろしくお願いします。

最新記事

カテゴリー

月別


TOP