京唐紙で、お好みのインテリアスタイルをお手伝いを致します。

株式会社山崎商店

お気軽にお問い合わせください。

TEL 075-451-8223

受付時間 9:00~18:00(日・祝日除く)

襖ができるまで 第四回

からかみのことを皆様に知っていただきたいとの思いから

唐紙とは切り離すことはできない「襖」が出来るまでを紹介しております。

 

4回目の今回は「蓑縛り(みのしばり)」です。

 

 

蓑縛りは、蓑張りの次に行ないます。

厚手の楮紙や反故紙などのしっかりした紙の前面に水糊を付け、

蓑張りの上部から下部へと貼っていきます。(写真①参照)

蓑張りはゆるく、かつ框部にしか糊をつけていないため、浮いているので、

それを抑えるために行います。

 

写真①

 

 

蓑縛りをしたら「端削(みみそぎ)」をします。

端削とは框のころばしのところに張った紙を、凹凸のないようにするために

面取(めんとり)をしていく作業です。凹凸があると表紙に現れてしまい

仕上がりに影響するので大事な作業です。(写真②参照)

 

写真②

 

 

以上が蓑縛りです。

次回に続きます。またどうぞよろしくお願いします。

最新記事

カテゴリー

月別


TOP